ブログ

ブログ記事を毎日書き続ける為の方法【迷っても無駄なので書くこと】

2019年11月26日

ブログ記事を毎日書き続ける為の方法【迷っても無駄なので書くこと】

 

カワシダ
こんにちは。カワシダです。

先日ブログ記事の毎日更新20日を達成しました。

今回の経験を元に、初心者の方へ向けてブログを書き続ける為の方法を記事にします。

 

 

ブログを毎日書き続けるには迷わない

まずブログを書き続ける為に1番重要なのが、ブログを書くかどうかで迷わない事です。

あなたが朝にブログを書いているとしても、夜家に帰ってから書いているとしても迷わない事です。

 

「今日はブログを書こうかな」

「まだ眠いしな…今日は予定多いしな…」

「でも今日忙しかったしな…」

 

迷っていると、それだけで脳のエネルギーを消費します。

ブログを書くかどうか迷っているだけで、既にあなたは疲れていってます。

 

人は1日に意思決定出来るエネルギーは決まっているそうです。

 

という事で、ブログ書き続ける為には、書くかどうかはもう迷わない事です。

ブログを頑張ろうと思っているのなら、まずはブログを書くのは当たり前の事にする必要があります。

 

ではどうすれば良いでしょうか?

 

それにはまず、毎日やる事です。

毎日ブログを書き続ける事です。

 

今日はやろうかな、明日やろうかなとか考えていたら続きません。

 

書くかどうかで迷っている暇があったら、その時間だけでも記事を書いてみましょう。

毎日作業すると決めておけば、やるかやらないかの迷いが消えます。

無駄に意思決定のエネルギーを使わずに、作業に集中できるからです。

 

でも「何を書けば良いかわからないんです」という方は過去の記事を参考にしてみてください。

④毎日ブログを書く
ブログで何を書けば良いかわからない方へ【超初心者向けの方法5つ】

  ブログ初心者の人 副業としてブログを書こうと思うけど、何を書いて良いかわかりません。 僕もブログで何を書いて良いか全然わかりませんでした。カワシダ ...

続きを見る

 

1日の作業工程を決める

毎日ブログを書き続けるとしても、漠然とやっていても良くありません。

どこまでやるか、目標を決めて作業するのが良いでしょう。

日々行う項目をスケジュール表に書き込むのも良いですね。

 

あまりお勧めしないのが、時間で区切る方法です。

「今日は2時間作業する」とかでもダメでは無いですが、そうすると日々の成果がまちまちになります。

どこまでやるか?という終わりを意識しないと、どうしても作業が終わりにくくなるからです。

結果的にブログが続かないという事になりかねません。

 

ですからブログを書くなら「毎日記事を書くのが理想」です。

何故なら終わりを意識しやすいからです。

難しい時は「競合を調査してキーワードや1次情報を調べるところまで」とか、「記事構成をまとめて、見出しと下書きを書くところまで」迄でも大丈夫です。

作業工程なところまででも、終わりを意識して行動しましょう。

 

人は、目標を持って着地点が見えていると力を発揮しやすいからです。

目標を決めたら、それを毎日続けていきましょう。

 

ブログを毎日書き続けると決めるだけ

私自身が今までブログを書き続けるなんて1週間がやっとの人間でした。

でも、ある日「毎日更新してみよう」と思っただけで、20日間続ける事がいきなり出来ました

 

ここには、何か特別な力はありません。

「ただ、やろう」と思っただけです。

 

人は「やろうと思っただけで出来ることがある」という事ですね。

またブログを毎日書く事で、書く事に対してのハードルが非常に低くなります。

今日も記事を書くだけだ!と思えるようになります。

 

ブログ初心者であれば、絶対におすすめするのは記事の毎日更新です。

ブログを毎日更新する理由
ブログの毎日更新は必要か?【初心者なら必要】理由を解説します。

  今回はブログを始めたばかりの初心者が悩む 『ブログの毎日更新は必要か』について記事にしています。   ブログを開始して、色々な先輩方の意 ...

続きを見る

 

この内容で良いか迷わない

特にブログ初心者であれば、「これで良いのかな・・・」と迷う事もすくなくありません。

でも、それが普通なんです。

多くの場合、独学でやってたりするので正しいかどうかなんてわからないからです。

 

でも、よく考えてみてください。

いまブログを書いているのは、会社に雇われて仕事しているわけでもありません。

クライアントがいて、納品をするわけでもありません。

 

内容がイマイチだったとしても、収益的にダメなブログだったとしても誰が非難できるでしょうか。

もちろん、盲目的に「ただ頑張れば良い」と言ってるわけではありません

 

でもあなたがブログ初心者なのであれば、悩むより書いてみて欲しいです。

だって書いてみないと何もわからないじゃないですか。

 

書こうと思って書くと、意外と書けることに気づきます。

あとは、繰り返し経験していくだけです。

 

自分のブログパターンを作る

リード文があって、見出しを作って本文を描き込んでいく。

そして、最後にまとめて終わるというようなパターンを毎回利用しましょう。

 

試験的に色々試すのも良いですが、そこにエネルギーを使っていると記事を書くのが難しくなります。

何記事も書いていれば、同じパターンの部分が出てくると思います。

そこからコピペで利用できるものは利用しましょう。

 

エネルギーを使わなくて済むところは極力省いて、他の所に注いでください。

 

あと、ブログはパソコンの前でだけ作業するものと思っていては書き続けるのは難しいです。

毎日ブログを更新する方法【パソコンに向う前に勝負が決まる】
毎日ブログを更新する方法【パソコンに向う前に勝負が決まる】

  こんにちは。 先日このような記事を書きました。 全力で頑張るなら毎日ブログの更新をした方が良いとお伝えしました。   でも、ブログの初心 ...

続きを見る

 

あれこれやるのはおすすめしない

私自身の経験からですが、ブログのテーマが決めらないからサイトを何個も作りました。

でもブログ初心者のうちは、あれこれサイトを作るのはおすすめしません

力量が付いていないなら、とりあえず雑記ブログで思いつくことをひたすら書いた方が良いと思います。

 

何故ならブログを書き続けることで少しづつスキルが上がっていきます。

むやみにサイトを分けて、記事を書くエネルギーを分散させない事です。

結果的にサイトのパワーが分散されるので、なかなか結果が出ずに辛くなります。

 

下記の記事でも書きましたが、まずは1つのサイトに集中して頑張る方が良いでしょう。

こんなブログはダメだ!100記事書いたブログ運営報告【8カ月経過】
こんなブログはダメだ!100記事書いたブログ運営報告【8カ月経過】

  カワシダこんにちは。カワシダです。   2019年3月にブログを開始して8カ月が経過したので、運営報告をしてみます。   &n ...

続きを見る

 

ブログを楽しむ

あとは、ブログを楽しむことが一番重要かなと思います。

私は何かを作り上げるのが好きなので、ブログを書くのも楽しんでやっていられます。

楽しむ部分は色々とあるんじゃないでしょうか。

記事自体のテーマが自分が好きな物だったり、PV数が上がっていくのが楽しいとも思えるでしょう。

あとは少しづつサイトを作りあげていく感じも楽しかったりします。

 

収益が早い段階で発生する人は、それをモチベーションにする事もできますね。

でもそうでもなければ、何か自分が楽しい要素が無いと続かないからです。

 

ですから自分も何かしら楽しんで書けるブログを書くことをお勧めします。

後発で稼いでいるブロガーさんたちを調べてみると、やっぱり楽しんで書いている人はすごく伸びていました。

自分がつまらないと、読者が読んでいてもつまらない記事になってしまうのかなとも思います。

 

ブログを毎日書き続ける為の方法まとめ

今回の記事では、初心者の方がブログを毎日書き続ける為の方法を書きました。

下記にポイントをまとめました。

今日もブログを毎日書き続けましょう!

ポイント

ブログを書くかどうかで迷わない

作業工程を決めてブログを毎日書き続ける

記事の内容の良し悪しで迷わない

あれこれサイトを作るのはおすすめしない

パターンを作って簡略化する

自分もブログを楽しむこと

 

おすすめ記事

動画配信を大画面テレビで見る方法【FireTVStickがマジおすすめ】 1

動画配信を大画面テレビで見る方法【FireTVStickがマジおすすめ】   注意ポイント まずこの方法の前提条件が1つだけあります。 それは家庭にイ ...

スターチャンネルEXでゲームオブスローンズシーズン8を無料で視聴する方法を無料で全話見る方法!2019年完結編 2

  目次 ゲームオブスローンズとは ゲームオブスローンズを無料で視聴するには? 「Fire TV Stick」があれば動画をTVで観られるから最高! ...

無料で見る方法あらすじ・感想トッケビの花嫁 3

  目次 トッケビの花嫁を無料の動画で見る方法 トッケビの花嫁とは トッケビの花嫁のキャスト トッケビの花嫁の面白さとは おすすめの根拠=レビューの高 ...

-ブログ
-, ,

Copyright© kawashida.com , 2020 All Rights Reserved.