カワシダのプロフィール

お問い合わせ

 

カワシダのイメージ画像

こんにちは。

ネットで1円を稼ぐブロガーカワシダ(@anesstw)です。

 

 

kawashida.comのブログでは「ネットで1円でも稼ぐこと」をコンセプトに、ジャンルは問わず挑戦し、お金を稼ごうというポリシーのもと運営しています。

ブログだけにこだわらず、クラウドソージングやSNS等を駆使し、本業以外で1円でも稼ぐことを目標にしています。

 

 

何故私が稼ぐことに執着するのか

私はこれまで、仕事というものに対してプライドとか、ポリシーのようなものがありませんでした。

とにかく「稼げればそれでいい」という事だけです。

 

そのせいで職を転々としたりして、結果として離婚を経験する事になりました。

 

それから数年、別れた子供たちに何もしてあげれませんでした。

また両親は健在ですがこれからの老後の問題を考えると、やっぱり私が今やれることはお金を稼ぐことだと思ったのです。

 

ですから、本業だけに捉われず副業としてもやれるものは全てやってみようという結論にたどり着きました。

これから両親の為に、子供たちが何か困った時、惜しみなく援助できるよう全力を尽くしています。

 

当然ですが、これは今いる妻子に苦労をかけない為でもあります。

 

と言う事で、今日もカワシダは朝霞市と和光市の狭間で懸命に生きております。

 

 

 

得意なこと

私が得意なことは幼少の時から好きだった絵を書くことです。

このくらいしかありません。

 

現在「似顔絵製作」において実績作りを兼ねて格安で絶賛受付中です。

似顔絵製作バナー画像

SNSアイコンの似顔絵や、名刺作成の際にご利用下さい。

下記サービスからどうぞお気軽にご利用下さい。

 

イラスト制作のお仕事依頼も受付中です。

直接取引が不安な場合は、下記からお取引下さい。

似顔絵製作は下記からご注文下さい。

SKIMAで似顔絵製作を依頼

ランサーズで似顔絵製作を依頼

ココナラで似顔絵製作を依頼

 

 

私の出身は宮崎県国富町という国内有数の片田舎から上京してきました。

現在は埼玉県朝霞市に在住しています。

本業は印章販売・名刺等の印刷物をお客様に納品し、生業としています。

 

簡単に当ブログ主のカワシダの特徴をパラメータで現してみました。

カワシダの特徴をパラメータで現した画像

ざっとこんなイメージの人間です。

こんなカワシダでも、

頑張れば何とかなる!を体現したい

がテーマです。

 

※下記は人生で失敗しない為のメモです・・・(*^_^*)

2018年12月25日入籍(平成30年)

2019年(令和元年)7月9日第一子誕生予定

予定日通り 7月9日に娘誕生

いつかイクメン記事も作りたいです。

 

生い立ち~現在までの経緯

 

絵を描くのが大好きだった少年

私は生れこそ田舎ですが、物ごころつく頃から何不自由なく育っていきました。

親戚のお兄さんが絵を描くのが非常にうまく、夏休みにはいつも泊りがけで遊びに行っていました。

 

絵を描いては見てもらうを繰り返し、絵を描いている時間は非常に楽しく時を忘れました。

すぐに上達していき、好きこそものの上手なれとはまさにこの事かと感じました。

 

お世辞ですが、クラスの中でも結構な絵のうまいやつだったと自負しています。

いつしか「漫画家」になることが人生の目標であり、それ以外の物は「まったく見ない」というような極端な考えを持ちました。

 

今思えばこの頃から頭の固い人間だった気がします。

 

親が偉大だった幼少期~成人まで

親が偉大だった幼少期~成人まで

 

初めの頃こそ団地生活でしたが、小学校に上がる頃には父の自営(建設業)も順調だったようで、戸建ての家を建てていました。

小学校5年の頃、当時最新式だったCD-ROMを搭載したFM-TOWNS(富士通製パソコン)当時の価格50万円程を購入してもらいました。

 

今の私が子供たちにそんなことが出来るかとおもうと、偉大としか言えません。

自分との比較にもならず絶望する日々です。

 

当時小学生の私は数年貯めたお年玉などのお小遣い18万をはたいて、たしか20MG※くらいのハードディスクを購入した記憶があります。(※メガバイトですからね)

(当時はフロッピーディスク(1MBちょっと)が主流でゲームには何枚ものフロッピーディスクを必要としていた)

 

私は物欲は強いですが、それらは手に入れただけで90%満足し、ほとんど使いこなせないまま終わってしまいました。

当時は家庭用ゲーム機が大流行し、「ゲームプログラマー」になりたい。といった夢も見るようになりました。

 

今思えば、この頃から私自身が「色々を手を広げ過ぎて、どれひとつも卓越しない」今の私を作り上げていったように思います。

 

 

当時少なかった情報特化の高校へ行く

 

簿記などを学ぶ商業系の高校は割とありましたが、本格的に情報産業について学んでいる数少ない高校に通うことになります。

 

自宅からかなり離れており、自転車では山を二つ越えて2時間強かかります。

車なら30分強でしょうか。バスだと直線的には走っていない為、これまた2時間ほどかかります。

バス代は月3万弱、乗る時間は朝6時頃なので、弁当を用意する母は5時起きの毎日でした。

 

それでも寝坊したり、親にかなりの頻度で送ってもらう日々を過ごします。

お世辞にも出来の良い息子ではありません。

それでも私の好きな進路に向わせてくれた両親。

 

卒業後、IT系の就職をするかと思えば専門学校へ

高校卒業後、今度は東京へ上京し、専門学校へ通うことになります。

 

東京コミュニケーションアート専門学校(通商TCA)と言います。

漫画家を目指し、漫画科へ通うことになります。

確か1年で200万程が必要だったかと思います。

 

そんな大金を払ってもらってまで、そんな道を進もうとしていた自分が恥ずかしいです。

今の私だったらひっぱたいて性根をたたき直していたでしょう。

 

そんな専門学校に行くか行かないかで「漫画家」になれるか、なれないかは決まるものではありません。

そして、結局卒業後も漫画に携わる仕事に就くことはありませんでした。

 

 

暗黒のバイト時代

20歳を過ぎてから帰京する27歳ごろまで、ずっとバイトばかりしていました。

言い訳は「漫画家」になる夢の為です。

 

はたからだと夢を追っていて聞こえはいいですが、大事なのは中身です。

まったくと言っていいほど漫画を描いていませんでした。

 

本当は漫画家の先生に2人ついたことがあったのですが、プロ意識もなく、迷惑を多くかけたので自分から辞めていきました。

むしろバイトと、人生を謳歌すること、ゲーム三昧といった事ばかりやっていて人生を浪費していました。

 

そして高収入を見込んで選んだパチンコ店でしたが、自分も客として時間もお金も無駄に使う日々を過ごします。

暗黒のバイト時代には何一つ人生を積み上げることは無く、死んだように生きていました。

 

結婚・出産を機に宮崎に帰郷するもUターン

結婚・出産を機に宮崎に帰郷するもUターン

 

バイトで知り合った人と結婚し、子供を育てるのは宮崎でと考えていました。

だからそれまでの職場は辞めて、実家に戻り父の家業を継ぐことになりました。

 

けれどその生活は長くは続かず、5年ほどで離婚・家業を継ぐことも断念しました。

ここは更に自分を追い詰めていった情けない期間なので、少々割愛します。

 

良く言えば今の人生に糧となり、悪く言えば控えめにいって最低でした。

 

その後、妹の旦那さん(義弟)に「印鑑屋」としての仕事を紹介され、再び上京することになります。

 

黙々と仕事する日々・そして出会い

黙々と仕事する日々・そして出会い

 

印鑑を販売する仕事とか言われても、お客さんなんて来るの・・・?

とか思ってました。この予想は大きく外れ、意外に忙しい日々を過ごすことになります。

 

印鑑屋だけでなく、主に名刺やポップ等の印刷物を製作する日々が続きます。

また法人としては非常に多岐にわたる業態に手をつけており、整体業、ラーメン店、ピザ店、レストランなど色んな職場で業務を任されました。

 

まさに仕事漬けの日々。経営陣に脱社畜を宣言するついこの間まで、2年間の間での休日が10日無い日々を過ごしていました。

残業代無し、有休やボーナスなんて都市伝説の世界です。

 

でも、零細企業の実態なんてこんなもんなんだろうと思ってしまいました。

良い方向に捉えれば、これまで経験しなかった様々な経験を出来たとも思います。

あっという間に5年ほどの月日が流れました。

前妻とはまったく会わないという条件で離婚した為、元妻たちには一切のコンタクトを取っていません。

 

その仕事漬けの日々の中で、唯一自分の存在を肯定してくれる人と出会いを果たしました。(今の妻です。)

何か一緒にいるだけで、人生の辛さを全て忘れさせてくれる光のような存在でした。

 

そして、40歳を迎える誕生日の前に妻にプロポーズし、晴れて入籍となりました。

間もなく妊娠もわかり今年に待望の第1子を迎え、人生の巻き戻しを図りたいといったところです。

 

 

稼ぎ方は給料だけじゃない・副業に見た活路

これまで下降の一途をたどった人生を、なんとか取り戻したいともがきます。

もがいて、あがいて、必死になっている最中です。

 

これまで、漫画家にしろ、プログラマーにしろ、なにか仕事に就職したりして「1つのところからお金をもらう」という概念しかありませんでした。

 

でも、ブログやTwitter界隈で見る「個人で稼ぐ」事に光を見た気がします。

マナブさん(@manabubannai)をはじめ、多くの人の情報を見まくりました。

 

そういった情報を知ったのが2019年の2月頃で、その頃からブログにフォーカスして努力をはじめました。

ですが正直、私はそういう人たちが1000人いたら下から何番目かのかなりの落ちこぼれのようです。

 

というのも、今までの私の人生通り「色々なこと」に手を広げてどれもちゃんと出来てない。

「結果が出せない」自分がいます。

 

闇雲に走っていても、また結果は出せない気もします。

そして時代は移り変わるのでいつまでもブログでは稼げないかもしれません。

それでも、もう少しこだわって頑張り続けてみたいと思い、このプロフィールページに想いを載せました。

 

願わくば、この続きにハッピーな追記をしていきたいと思います。

2019年9月

 

 

現在複数サイトを構築中です。暗中模索で追加・削除していきます。

イラスト制作のお仕事依頼も受付中です。

直接取引が不安な場合は、SKIMAからお取引下さい。

似顔絵製作も下記からご注文下さい。

SKIMAで似顔絵製作を依頼

2019年6月30日

Copyright© kawashida.com , 2019 All Rights Reserved.